販売促進にノベルティグッズを活用しよう

企業主催の行事などに参加した際、記念品としてその企業の名前が入ったちょっとしたオフィス用品や文房具といったような物をもらうことがあります。こういった商品は「ノベルティグッズ」と呼ばれています。企業側からすれば、このようなグッズにはイメージアップの効果があります。そのためには何と言っても、どんな商品を選ぶかが重要です。商品選びのポイントとしては、まずはあまり高価でないもの。そして、相手に頻繁に使ってもらえるものが良いでしょう。具体的には、文具メーカーの新商品や話題の商品、あるいはあまり知られていないが実は便利な商品などがお勧めです。

そうすれば顧客に「なかなか気の利く会社だな」という印象を与えることができますし、常時使うものに企業名がプリントされていれば、その度に名前を思い出してもらえるはずです。ノベルティグッズは、最近主流となりつつある企業向け専門のオフィス用品の通信販売業者が取り扱っています。こういった業者と普段から取り引きがあるなら、まずは問い合わせてみると良いでしょう。商品選定に関しての相談などにも応じてもらえます。便利で気の利いたノベルティグッズを活用して、自社のイメージアップを図ってみてはいかがでしょうか。 ノベルティーとは、記念品に企業や商品のロゴを入れ無料配布する自社製品の宣伝を目的としものです。粗品として使用する企業もありますが、少しお徳感が持てるので決して不快感を与えるものではありません。ボールペンやメモ帳、カレンダーやマウスパッド、携帯ストラップなど商品は多岐に渡り、日用品を用いることで存在を身近に感じてもらうことが出来ます。本当につまらないものかもしれませんが、意外と役に立つこともあり、粗品に心奪われます。

キャンペーンやイベントで配布されるノベルティは、他では手に入らないオリジナル商品として作られます。その場に行った人しか手に入れられないプレミア商品として一部のコレクターには人気を博します。テレビやラジオ番組の投稿、番組収録への参加協力の謝礼としてノベルティーを配布することもあります。もともと生産量が少ない限定品も多く、放送局内の売店でも販売されることが多くなり完売品もたくさん出ています。本来は商品として供給されることがないため、愛好家にとって入手経路が特殊で、入手困難なことから特別な価値が付くこともあります。特別、限定、レア、プレミア、非売品などのワードが付くことで消費者から見た商品の価値はどんどん上がります。

Something to Say?

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

You may use these HTML tags and attributes:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>

*